明るい未来のための美容外科。納得のできる美容整形をするために。

電子式のマイクロスコープ

マイクロスコープの種類に関して言えば一つだけではありません。マイクロスコープが発明された当初は光学式の物でした。

しかし、光学式の物だと性能に限度があります。そこで、新しく開発され現在ではあらゆる所で利用されているのが電子式のマイクロスコープです。電子式の方が性能は良く、とても細かい部分までしっかりと見る事ができます。

マイクロスコープは私たちがしらない所でも幅広く使われています。本来は生物学の分野で多く使われる事が多かった様ですが、現在では医療や美容など幅広い分野で使われる様になりました。

そして、これからもマイクロスコープが必要とされる場面は少なくないでしょう。ぜひ期待したいですね。

マイクロスコープと光学顕微鏡

マイクロスコープと顕微鏡の違いは表示装置(モニタ)の有無と言えます。対象物をモニタに映し出すことができるので、複数人で観察できる利点があります。実体顕微鏡や生物顕微鏡など、被写体に適したさまざまな種類の顕微鏡がありますが、最近のマイクロスコープには、照明やレンズなど、アダプタやアタッチメントなどで対応することにより従来の顕微鏡より価格も安く、使いやすい機種が販売されています。

最大の特徴は長時間の作業でも目が疲れにくく、観察データの保存などがコンピュータなどのデジタルデータで扱いやすくなっております。

最近のマイクロスコープはかなり進化しています

マイクロスコープはただ物を拡大すると思っていませんか。実は最近かなり進化しています。CCDカメラとかHDビデオカメラなどが付けられて、オートフォーカス機能が付くものになっています。実体顕微鏡と違って、レンズの角度や倍率など自由自在に変更できるようになっているから、極めて細かい部分がよく観察することができます。

医療とか美容とかよく活躍しているだけではなくて、最近のマイクロスコープはスマホで観察するように進化しています。とても小型の物をスマホに設置して、観察した物はスマホ画面で簡単に見られます。医療や美容とか特殊の場合が使うだけではなくて、生活にも普及することがとても優れた技術と感じます。

マイクロスコープの影響力は歯科医療でとても大きいです

歯科医療は、目で確認出来ない程、小さな部位を治療しなくてはならないので、従来は医師の経験や勘に頼りながら治療を行っていました。

とても小さい場所を勘だけを頼りに、治療をしなくてはいけないので、虫歯削り残りや丈夫な歯の削りすぎなど、いろいろな弊害が多い治療方法でした。

しかしマイクロスコープを採用することによって、今まで確認出来なかった場所を確実に確認することが出来るようになったことで、的確な治療をすることが出来るようになりました。歯科医療の世界では、今までの常識を覆すような衝撃を与えたマイクロスコープです。

マイクロスコープの製造、販売なら株式会社セルミック

〒525-0032
滋賀県草津市大路1-1-1 エルティくさつ 4階
TEL.077-516-4755

〒541-0046
大阪府大阪市中央区平野町1-8-13 平野町八千代ビル5F
TEL.06-4708-4858

〒460-0008
愛知県名古屋市中区栄1-18-1

http://www.selmic.co.jp/

高機能なマイクロスコープの製造、販売。

マイクロスコープ関連

メニュー

美容外科の選び方 豊胸 脂肪吸引 マイクロスコープ

大阪、東京には多くのいい美容外科があるのでどの美容外科があっているのか迷ってしまいます。

本サイトでは脂肪吸引、豊胸手術、二重整形(二重まぶた)、鼻整形(隆鼻)、美容整形、マイクロスコープの情報を掲載しております。脂肪吸引、豊胸手術、二重整形(二重まぶた)、鼻整形(隆鼻)、美容整形の情報を今後増やしていきます。

脂肪吸引、豊胸手術、二重整形(二重まぶた)、鼻整形(隆鼻)、美容整形、マイクロスコープ以外の情報のお問い合わせはこちら